銀行口座維持手数料とは?お金を預けたら手数料を取られる!対策は!?

この記事は 約4 分で読めます。

 

大手メガバンクが銀行口座維持手数料を導入したいという話題で盛り上がっています

ようするにみずほ銀行とかUFJとかでっかい銀行にお金を預けるだけでお金がかかるようになるって事です!メガバンクだけでなくあらゆる銀行で口座維持手数料がかかるかもしれないです

口座維持手数料がどうして必要になるのか、対策はどうすれば良いのか簡単にわかりやすくまとめてみました!

広告

なぜ口座維持手数料がかかるようになるのか?

簡単に言えば銀行の経営が悪化してるからです!

日銀のマイナス金利政策で、銀行が利鞘(りざや)で稼ぎにくくなったりキャッシュレス決済やネット銀行も普及して経営が悪化したりコストがかかったりしてる事が原因との事!

 

口座維持手数料は欧米の既存銀行では一般的

口座維持手数料は欧米の銀行では一般的です!

日本でも口座維持手数料取ってる所がありました!りそな銀行は2年以上一度も預入れや払戻しが無い口座に対して、年間1320円の手数料を「未利用口座管理手数料」として徴取しているって!マジかよ!りそな銀行持ってなかったけ?こわっ!

欧米でも口座維持手数料取ってるから日本でも口座維持手数料取る事になりそう・・・

口座維持手数料は500円~3000円程度かかると予想されているので5口座持ってたら年間2,500円から15,000円も取られます

めっちゃたけえ・・・

 

銀行にお金を預けれなくなったらどうなるか?

口座維持手数料がかかって銀行にお金を預けるだけでお金が減るようになったら預けなくなる人が多くなると思います!

お金を預けれなくなったらどうなるか?

自分の家でお金を管理するしかないね!タンス預金!

金庫に入れるとかどこかに隠すとか!

しかし、自分の家で保管するのはソワソワします!火事にならないかとか強盗が入ったらどうしようとか!

そういう意味では銀行に預けておく方が安心感はあるよね!

銀行も利益を出さないといけないし、預金はサービスなのでお金を預かってくれるなら多少の口座維持手数料を払っても良いかなという風潮になるかもだけど・・・

個人的な口座維持手数料についての考え

個人的な口座維持手数料についての考えは・・・ふざけんな!!!!!!です!

銀行に預けるだけで何千円もかかるとかふざけんなです!!

まず口座維持手数料っていうけど、銀行にお金預けてるわけでそのお金で色々回したりなんだりしてるんでしょ?そのお金+口座維持手数料も取るってふざけんな!!!

こっちはバブル時代の預けてるだけで金利6%普通預金でも金利3%っていう時代を生きてきたんじゃー!!金利6%って投資とかギャンブルしてもなかなか出せない数値が当たり前のようにあったからね!調べたら定額貯金金利8%だってよ!!今の金利は0.001%で昔と3000倍違うんだって!!!

って言っても自分は子供で1万7000円位預けてたのが数百円増えただけだったけど!でも、子供ながら嬉しかった!

宝くじを当てて利子や利息だけで生きるなんて事を良く聞いたよね!

1億円当たったら年間800万円貰えたからね!

今だと金利0.001で計算すると10万円かな?生きてはいけない!!

 

口座維持手数料ふざけんな!!!!!です

口座維持手数料対策!

ふざけんなと思っていても口座維持手数料は将来的に導入されると思っています

そんな時にどうすれば良いかというと、ネット銀行を使うです

ネット銀行は文字通りネットの銀行なので人件費が抑えられていて銀行的には利益が出しやすいのでサービスが良いものばかりです

メガバンクと比較しても圧倒的に高い預金金利、安い手数料、利便性の高さなど良い事尽くめです

ネット銀行はそれぞれに違いがあるので自分のライフスタイルに合った銀行を選べば大きな節約にもつながります!

会社の口座もネット銀行にすれば振込手数料が60%以上抑えられるので経費削減になります

ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント

ネット銀行も口座維持手数料がかかる時代が来るかもしれないけど!

今の時代凄いスピードで色々変わってるからね!5GがきたりAIが発達したり!将来的にはお金なんてものがなくなってるかもしれない!

色々あるけど、とりあえず今は使い勝手が良いネット銀行をオススメします!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました