EneKey(エネキー)とは?メリットや実際に使ってみた感想

この記事は 約4 分で読めます。

 

2019年7月1日からスピードパスの後継機EneKey(エネキー)がスタートしました!

EneKeyとはなんなのか?実際に使ってみたメリットやデメリット実際に使ってみた感想をお伝えします!

広告

EneKey(エネキー)とは?

自分の小指よりちょっと小さい位のキーホルダーで、これをエネオスのセルフスタンドのEneKeyと書いてるリーダーにかざして登録したクレジットカードで支払うという決済ツールです

よーするにかざしてスピーディーに決済できるという事です!

エネキーを使うにはクレジットカードが必要

エネキーを使うにはクレジットカードが必要です

クレジットカードは何でも登録できると思います

結局はクレジットカードで支払うのでエネオスで使うならエネオスカードが、1番ガソリン代が安くなるのでエネオスカード一択です

EneKey(エネキー)を使うならENEOSカードが1番最安でお得!
EneKey(エネキー)を使うならENEOSカードが1番最安でお得!

Tポイントが貯まる

Tポイントに対応してるカードを登録すればTポイントが貯まるんですけど、エネオスカードに比べたら割高になってしまうのでエネオスカードを持ってる方はエネオスカードで登録した方がガソリン代が安くなります

エネオスでガソリンを1番安く1番お得に給油するならエネオスカード!
ENEOSで1番安く給油するならエネオスカードが1番お得!nanacoカードや楽天カード、Tカードより1番お得なのがエネオスカードです!

紛失・盗難にあっても補償に入ってるから安心安全

エネキーが結構小さいので落としたり盗まれたり心配だと思うんですけど、エネキーは1回の最大利用額が1万5千円で1日に4回使えます

紛失、盗難のご連絡を受けた日から60日前~3日後の不正利用損害は、60万円を限度に補償されます!神!

よーするに落としても勝手に使われても気づいたら早く連絡すれば大丈夫という事です!

入会費、年会費無料!完全に無料0円で使えます

入会費年会費無料で、かかる費用は0円なので安心してください

作り方は店舗で3分ほど!

エネキーを使えるスタンドに行けば3分ほどで作れます

必要な持ち物は免許証とクレジットカードです

WEBでも作れるんですけど、店舗で作ったほうが早いしキャンペーン等をやっててクオカードが貰えたりエネゴリ君のタオルが貰えたりします

自分はティッシュ1箱でした・・・

エネオスカード、エネキーならキャッシュレス決済だから2%還元!

エネオスカードやエネキーで支払いをすると政府がやってる消費者還元の恩恵を受ける事が出来ます!

実際にエネキーを使って思った事

早い!

これに尽きると思うんだけど、早いです!今まではクレジットカードを出したりしまったりが凄い面倒だったんですけど、その手間が省けたのでストレスなく支払いが出来てメンタル的にも良いです!

次の待ってる人にも良いと思うし!支払いでもたついてたらイライラするしね!

クレジットカードの磁気が駄目になってもエネキーが使えるから安心

これが1番かもしれない!

以前はクレジットカードで支払いしてて携帯と一緒にポケットに入れたりなんらかの接触でエネオスカードの磁気不良になって全然使えなくなってしまい、支払いの時にいちいち店員に言うのが面倒臭かった!店員も機械に入力したり手書きだったんでカキカキするのが毎回面倒臭そうで、エネキー(当時はスピードパス)作って下さいとオススメされました!再発行するのも時間かかったし!

エネキーがあればクレジットカードが使えなくなっても安心です!

何か格好良い

まだまだ現金で払ってる人が多いしクレジットカードで払ってる人も多いから、エネキーで支払ってると格好良く見える!

個人的感想だけど!プチ優越感に浸れる!

 

デメリット

車のキーと一緒に付けてみたんですけど、邪魔!!

気にならない人はならないと思うけど自分は家の鍵も一緒に付けてるのでなんか気になってしまいました!

スタンドに行った時しか使わないので、車のカギにはつけずに車の中に入れる事にしました!

良い事しかないから使った方が良い

基本的には良い事しかないから使った方がお得です!

お店によってはエネキーにする事でガソリン代-1円等のサービスがあるとの事!

給油や支払いが素早く終われば自分も得だし、待ってる人も得なのでエネキーを作りましょう!

 

\エネキーを作るならエネオスカードが最安/


JAF並みのロードサービス付き

 

 

エネオスの店舗もめっちゃ増えるしエネオスの時代来たね・・・

 

コメント

広告